NO-NO3は、硫黄(イオウ)酸化脱窒を行なう嫌気性細菌を利用して脱窒処理をするためのデニトレーター(硝酸塩除去装置)用メディアです。反応時の酸敗を中和するため、あらかじめアラゴナイトを配合しているので、単層のデニトレーターやプレナム層などに、そのまま使用できます。

使用方法

基本的に無酸素状態を作り出せる微量な通水量の容器に入れてご使用ください。初期運転は必ず本品2リットルにつき、毎時1リットルの流量で開始して、デニトレーターからの排水が嫌気状態(ORP値で-100前後)になったら、毎時5リットルを上限に徐々に流量を増やしてください。使用量の目安として、硝酸塩濃度50mg/L以下の場合は、飼育水100リットルにつき本品2リットルを上限としてください。

硫黄脱窒法による硝酸塩除去は、無酸素の環境を作り出す過程で通過水を強く酸敗させる可能性あるため、デニトレーターからの排水のpH低下が許容範囲であることを常にチェックしてください。デニトレーター内の酸素および硝酸塩が完全になくなった場合、生産した硫酸塩を硫酸還元細菌が分解して硫化水素(有毒な気体)を発生します。その場合は、

硫黄臭が発生して収容生物にも大きなダメージを与えます。安全に使用するためには、排水の硝酸塩値を計測し、またORP(酸化還元電位)値を硫酸還元が起こる-200まで低下させないことが重要です。あらゆる水槽システムにいえる事ですが、魚の入れすぎ状態での使用は危険が伴います。導入時の水質パラメータのチェックなしに使用することはお勧めしません。誤った使用による収容生物などの保証は一切いたしません。

NO-NO3 硝酸塩還元メディア

使用上の注意