WavySea設置例

オーバーフローの吹き出し管と接続する

オーバーフローの吹き出し口に短い塩ビパイプを取付け、ホースを挿します。後はWavySeaの上部のホースアダプタに挿すだけです。吹き出し管サイズが16Aの場合は16Aの塩ビパイプを付け、内径19mmのホースで接続可能です。吹き出し口が13Aの場合は継手を使用して一度16Aに変換してから接続してください。

水中ポンプを使用する

水中ポンプに内径19mmのホースを接続すれば、あとはWavySea上部のホースアダプタに挿すだけで、簡単に設置できます。

マグネットポンプを利用する

循環ポンプの配管から分岐して配管をすれば接続部分に19mmホースを使用して接続が可能です。この場合の配管径は16Aです。但し図のように分岐すると、コーナーBOX側からの水流は弱くなります。WavySea専用にマグネットポンプを用意して接続する場合は、ポンプとダイレクトに接続になりますので、20Aで配管をして内径25mmのホースで接続する事も可能です。

WavySea トップへ